本の解説

これまで10年に1度出版されてきた国産バイクの
バイブルともいえる「日本モーターサイクル史」の最新版が
ついに発売になりました。太平洋戦争後の復興期、
日本には生きるために欠かせぬ簡便な交通手段を
提供するため関東、中部、関西をはじめ全国に200社余り
といわれるモーターサイクルメーカーが勃興する
戦国時代がありました。しのぎを削る激しい開発・販売
競争の末、生き残った4社は大メーカーとなり世界市場を
席巻、世界の二輪産業地図を塗り替え日本経済復興の
けん引役を見事に果たします。この間の栄枯盛衰を、
数多くの二輪メーカーに情熱を注いだ人たちと、
名車物語を収録。また、戦後の復興期から現在まで
現れては消えていった
7,000台あまりの国産モーター
サイクル群を、年度ごと、排気量ごとに網羅。戦後の
1945年から現在に至るまでの国産バイクがたどった道を、
1200ページ超という大ボリュームで紹介します。
歴史に残るこの1冊をぜひ手にとってご覧ください。

A4変形判・総ページ数:1,272ページ。




あなたの愛車も掲載されております。
モト・プラッツ店内での閲覧は、自由ですので
 ぜひお声をお掛けいただければと思います。